top

千と千尋の神隠し

千と千尋の神隠し (通常版)

こういう不思議な世界観、感覚、好きです。映画館へは日常を離れた異空間を求めていくのだから、これくらいのイマジネーションは欲しい。できれば誰もいない空間で存分にその世界に浸って楽しみたいものですが、そんな贅沢な時間も場所もそうそうとれるものではないので、家族と一緒に生活感あふれる部屋の中で見るのもまあしかたなしと。それでもやっぱりこのイマジネーションの豊かさはいいですね。話としてはちょっと分かりにくいところもあるのですが、それでも最後までひきつけられて見てしまう。娯楽ってそういうものだと思います。

キーワードは、名前、かな。名前はその人を表すものだから。