top

アイ、ロボット

アイ,ロボット 特別編

アイザック・アシモフ原作。SF界では既に古典として有名な「ロボット3原則」をキーにした映画。

ロボットが生活に定着した未来社会でロボット開発者の博士が謎の死をとげる。ロボット嫌いの主人公(刑事)はロボットに疑いの目を向けるが…。しかし「ロボット3原則」によってロボットは人に危害を加えることは出来ないはず。真相は果たして?

あのような、手塚治虫が描くような未来都市を正面から描いてくれた映画って、これまでにあるようで意外になかった気がします。後半のサニーがかっこよくて、気が付いたらすっかり感情移入して応援してました(笑)。
「進化した機械が人間を支配しようとしたら?」というのは繰り返し語られてきたSFのテーマの1つなんですが、一昔前なら「空想のお話」として片付けることが出来たものが、そうとも言い切れない部分が出てきているところに時代性を感じました。SFXはさすがの出来栄えで満足。見てよかった1本。