top

ブラウザの見え方による違い

ブラウザの見え方の違いをスクリーンショットにしてくれるサイトを見つけました。Windowsしかないため見ることの出来なかったMacの画面まで作ってくれるのが嬉しいです。

browsershots.org

さっそく試してみました。詳細設定の頁で見たいブラウザやサイズを細かく指定することが出来ます。しかしスクリーンショットを生成するのに1つにつき1時間ほどかかるので、出来上がるまでかなり待たされます…。夜寝る前に送信して次の日の朝に確認するくらいでちょうどいいかも。

Firefox 1.5.0 Linux Ubuntu

060315_1.jpg

Firefoxなんですが、文字にアンチエイリアスがかかっているのはOSがWindowsじゃないからかな…? ナビ部分が少し変ですね(^^;。WinのNetscape7なら問題ないんですが。Windows版のFirefoxもメニューに欲しいところ。

Safari 2.0 Mac OS X

060315_3.jpg

おお~これがMacの画面ですか! 自分のサイトをMac画面で見るのは初めてなので、ちょっと感激です。文字にはやっぱりアンチエイリアスがかかってますね。なんだか自分のサイトじゃないみたい。下の部分のスクショも見て気がついたのですが、Macで<strong>をかけると、かなり太くなってしまうんですね。Windowsの<strong>とは相当イメージが違ってくるので、太字にすることで伝えたいイメージが少し違ってしまうところがあるかな、と思いました。

MSIE 7.0 Beta Windows XP SP2

060315_2.jpg

なんとIE7の画面まで作れるのでついでに作ってみました。Windowsのデフォルトカラーですが、インターフェースがけっこう変わってるなあ…。小さい数字にまでアンチエイリアスかかるようになってますね。それより日本語の字体が6と微妙に違うっぽいのが少し気になるんですが…。個人的には6の方が好みなんですが、う~む。

MSIE 6.0 Windows XP SP2

060315_4s.jpg

自分の環境での見え方も載せてみました。これは自分のモニター画面から直接スクリーンショットを撮ったものです。いつも見ているブラウザフルサイズ(1280×1024)でのスクショなので、幅1024環境のところでは横スクロールバーが出ると思います。左右にびろ~んと広がる余白が間抜けな感じですが、ブラウザに合わせる幅可変レイアウトにすると横に広がりすぎて読みにくくなるので、box幅はピクセルで指定して固定するようにしてます。

総 評
なかなか面白かったです。横幅が600pxと狭めなので、カレンダーが切れずに収まっているかどうかが一番心配だったのですが、幸いどれもクリアしていたようです。ただ、IEでのブラウザがもっとあればいいなと思いました。実用的にはIE内での見え方の違いが一番問題になると思うので…。

個人的には文字にアンチエイリアスがかかっているショットが多かったのがちょっとショックでした。自分にとってはWindowsのギザギザドット文字がデフォルトなので、それがMacのような表示のされ方をすると、かなりイメージが変わってしまい戸惑ってしまいます。小さな文字はアンチエイリアスがかからない方が読みやすいと思っているんですが、どうなんでしょうね…。慣れかな。

 

トラックバックURL

トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

コメントを投稿

 


 <注意>
 ご利用のブラウザ、設定ではコメントのプレビューおよび投稿はご利用になれません。
 コメント投稿の際はお手数ですがjavascriptをオンにして下さい。
 *javascriptオフのまま投稿ボタンを押すと送信内容が消えますのでご注意下さい。