top

文字参照とリネームでトラックバックスパム対策

近頃また迷惑トラバが増えてます…。MTのフィルター機能に全部引っ掛かってくれてるから表には出てこないけど、ひっきりなしに絶えることなく貯まり続けていくのはどうにもうっとうしい。削除しにいくのも面倒。サーバー負荷も気になるので、mt-tb.cgiのリネームをしてみることにしました。

お気楽極楽ブログトラックバックスパム予防プラグインによると、リネームと実体文字参照を組み合わせるとロボットに拾われにくくなるらしいです。
で、doEntity プラグインを試してみたのですが、案の定、ダイナミック・パブリッシング下では動作しない…。そこで閃きました。待てよ。エントリーごとのトラックバックIDさえ分かれば、URL部分はテンプレート上で直接文字参照で書いてしまえばいいのでは…。それならプラグインなしでいけるんじゃん!? 以下、覚え書きです。

1.トラックバックcgiのリネーム
ここではmt-tb.cgiをhoge.cgiにリネームするものとして説明します。
mt-config.cgiに以下の一文を追加。

TrackbackScript hoge.cgi

3.2時代のmt-config.cgiを使っている場合は、「# TrackbackScript mt-tb.pl」という部分を見つけ出し、最初の#を削除し、mt-tb.plの部分をhoge.cgiに置き換えます。

ついでサーバー上で、mt-tb.cgiをhoge.cgiにリネームします。

2.トラバURLを文字参照にする
サイトアドレスがhogehoge.comで、mtフォルダにMT本体を入れているのなら、

<$MTEntryTrackbackLink$>
         ||
http://hogehoge.com/mt/hoge.cgi/<$MTEntryTrackbackID$>

で置き換えることが出来ます。迷惑メール用の文字参照プログラムを使って、http://hogehoge.com/mt/hoge.cgi/の部分を変換された文字に入れ替えればOKです。

3.後始末
<$MTEntryTrackbackData$>の後始末も忘れずに。これはクイック投稿などのRDFデータ用のタグで、頁に出力されたソースを見ると思いっきりトラックバックURLが出ちゃってます。これでは自らロボットに見つけて~と言ってるようなもの。<head>の中に隠れてたりしますので、探し出して要らない人は削除・要る人も手動でトラバ部分を何とかするなど対策を。

*変更後のトラックバックもちゃんと動作してるようなので、これでしばらく様子をみてみようと思います。

<2006.9.30>後始末を追記。
<2006.12.5 追記>
トラバURL部分を手動で文字参照に置き換えた場合は、1.のmt-config.cgiへのTrackbackScriptの追加は必要ないみたいです。mt-tb.cgiのりネームだけでよろしい。
参考リンク:トラックバックスパム対策(3)

 

トラックバックURL

トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

トラックバックの一覧

トラックバック 文字参照とリネームでトラックバックスパム対策(2)  »» 2006年10月 1日 18:32
こちらで施した対策に、もう1つ方法を思いついたので、それもメモ。それはリネーム名をmt-config.cgiに記入する時点で文字参照にしてしまおう!というもの。...

コメントを投稿

 


 <注意>
 ご利用のブラウザ、設定ではコメントのプレビューおよび投稿はご利用になれません。
 コメント投稿の際はお手数ですがjavascriptをオンにして下さい。
 *javascriptオフのまま投稿ボタンを押すと送信内容が消えますのでご注意下さい。