top

StyleCatcherテーマ「1カラム・赤」

070130.jpg

1カラムのテーマです。ブログとしての機能を保ったまま、デフォルトテンプレートで1カラムがどこまで表現できるか!に是非とも挑戦してみたかったもので。思いつきの元はarchives.htmlを1カラムにした時。下部にカテゴリ一覧・コメント・トラックバックを3つ並べて配置したところ、案外いけたので、その方法で「デフォテンプレで1カラム」を実現してみました。

サンプル頁を見れば分かると思いますが、サイドバーのモジュール部分が3つずつ順番に上から下へと並んで配置されていくようになります。表示崩れを防ぐためモジュールは縦横サイズ固定。内容が増えたらスクロールバーが出るようにしました。ただし検索フォームとPowered by Movable Typeだけは中央配置。検索窓が一番上に、Powered by ・・が最下部に来るように配置するとデザイン上の収まりがよくなります(デフォルト初期仕様ではそうなっているので、そのまま適用したならピタリと収まると思います)。
ちなみにデザインの仕様上、1カラムと2カラム右サイドバー(layout-two-column-right)にしか対応していません。テンプレートを初期状態に戻してからお試し下さい。

実用的にどうかは分かりませんが、個人的には大変お気に入りで自分にはヒットです(^^;。
もう2カラム・3カラムには飽きた! サイドバーより文章スペースが欲しい!という人に。

テーマサンプルページ
(スタイル切り替えでご確認下さい)

■仕様とか利用規約とか■
・3.3デフォルトテンプレートに合わせて作っています。それ以前のバージョンだと表示が崩れる恐れがあります。
・1カラム/2カラム右サイドバー(デフォルト初期仕様)にのみ対応しています。
・IE6/Firefox/Netscape7で動作確認しています。マック環境は分かりません。
・カスタマイズはご自由にどうぞ。
・再配布は禁止です(カスタマイズされたものも含む)。

■リポジトリアドレス
http://wing.w-museum.com/wmstyle

StyleCatcherの使い方はこちら
カラムの変更のしかたはこちら

<2007.2.13>
サンプル頁をスタイル切り替えに変更。

 

トラックバックURL

トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

コメントを投稿

 


 <注意>
 ご利用のブラウザ、設定ではコメントのプレビューおよび投稿はご利用になれません。
 コメント投稿の際はお手数ですがjavascriptをオンにして下さい。
 *javascriptオフのまま投稿ボタンを押すと送信内容が消えますのでご注意下さい。