top

Movable Type 4 ベータ3 ちょっと待てコレはっっ

なんかMT4ベータレポートブログ化しつつありますが…。

ということで、昨夜MT4ベータ3が出たのでさっそく入れ替えてみたのですが。一瞬のけぞりました…! ちょっと待て、コレはなんだ、いったい何なんだ!!

070621.gif

ダイナミックで記事が全く表示されないんですけど・・・!!

あわててsixapartへ報告したら、超速攻でお返事きまして、「チェックインがビルドに間に合わなかった」そうで…(^^;。次のベータでは直ってるので大丈夫!とのことですが、差し当たりの修正方法を教えてもらったのでメモしておきます。

php/lib/function.mtvar.phpの5行目を以下のように修正します。

if (array_key_exists($args['value'])) {
       ↓
if (array_key_exists('value', $args)) {

これでベータ3でもダイナミックで頁が表示されるようになります。ホッ。

日本語に対応
これだけではなんなので、気を取り直してベータ3の新しいところをば。日本語に対応しました。ただし、テンプレートに関しては、ベータ2から使っている場合はデータベースに今までのテンプレが残っているので、Template Backup and Refreshで一気にテンプレの差し替えが出来ません(英文字のテンプレはカスタマイズテンプレと見なされてしまう)。ので、新しいブログを作ってそちらで確認した方が速いです。また、テンプレ自体も少しずつ変わってきてます。

StyleCatcher
StyleCatcherが使えるようになりました。MT4はテンプレートの構成と記述方法がMT3から大きく変わっていますが、最終的に書きだされるHTMLそのものには大きな変化はありません。うちで公開しているテーマも(「leaf」以外は)ほぼ問題なく適用されました。細かい部分で少し修正を行った方がよりしっくりくるだろうな、というところはあるのですが、製品版までは様子を見て、テンプレートが最終的に固まった段階で必要があれば手を入れることにしたいと思います。
<追記>
ベータ6~7からテンプレートのid・classが大幅変更され、スタイルシートも全面刷新されました。これにより3.3用スタイルテーマは適用できなくなったので、MT4でStyleCatcherを使う場合はMT4用に作られたテーマを使用する必要があります(なお、デフォルトで多数のテーマが用意されるようになりました)。

 

トラックバックURL

トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

コメント

こんにちは。
>Template Backup and Refresh
私、これではまりました。
別にモジュール名は英語のままでいいじゃんとか思う・・・

>Template Backup and Refresh
はまりますよね。意外なところに罠が…。
モジュール全部手動で差し替えるのが面倒になって、動作検証の続きは新しいブログに逃げて、最初のブログは中途半端なまま放置化されてます(笑)。

コメントを投稿

 


 <注意>
 ご利用のブラウザ、設定ではコメントのプレビューおよび投稿はご利用になれません。
 コメント投稿の際はお手数ですがjavascriptをオンにして下さい。
 *javascriptオフのまま投稿ボタンを押すと送信内容が消えますのでご注意下さい。