top

Movable Type 4 ベータ5 Enterpriseじゃないんだけど

MT4ベータ5が出ましたので、週刊連載MT4ベータレポート(笑)第5弾!

で、まずはベータ3に続いてまたやってくれちゃった件について。
ベータ5でダイナミック・パブリッシングにすると、頁の上部に以下のエラーが出ます。

Warning: opendir(/virtual/xxxx/public_html/xxxxx/mt4b/mt4/addons) [function.opendir]: failed to open dir: No such file or directory in /virtual/xxxx/public_html/xxxxx/mt4b/mt4/php/mt.php on line 80

sixapartからいただいた返事によると、Enterprise用の設定が混じっちゃってたらしくて(^^;。この現象は以下の方法で回避できます。

MTがインストールされているディレクトリに空のaddonsというディレクトリを作成しておきます。

これでベータ5でもダイナミックで正常に頁が表示されるようになります。addonsというのはEnterprise用のファイルを格納するためのディレクトリなのだそうで。次のベータでは直っていますとのことです(ということで、まだベータは出ます~)。

ダイナミック方面はベータ4で残っていたバグも直って、私が気がついた範囲ではもうこれでほぼ収束できたのではないかと思います。もちろんもっと使いこんでいけばまだ気付いてないものも出てくるかと思いますが、一通り使用に差し障るようなものはなくなったのではないかと。あと、アーカイブマッピングにMTタグを使うとマッピングが消える現象も修正されました。
ところで、それとは別に。MT4で仕様が大きく変更されていたものがあったことが判明。

MT4ではカテゴリーアーカイブのエントリー表示数はブログの設定で決めた数に左右される
つまり、ブログ記事設定の画面で「表示するブログ記事数」を「10」にしたら10件、「5」にしたら5件しか表示されないわけです。そのカテゴリーの全件数が25件あったとしてもブログの設定で「7件」としていたら、最初の7件しか表示されません。
これはカテゴリーアーカイブが全部一気に再構築されるために生じていた負担を少しでも減らすための仕様変更だそうで、その代わり月別カテゴリーアーカイブを用意したので、カテゴリーの過去ログを全部見たい場合はそちらを活用してくれとのことだそうです。

でもそれではうちの場合、困るんですよね(^^;。カテゴリメインで使ってるから。
なので、MT4でカテゴリーアーカイブにそのカテゴリーの件数を全部表示させたい場合は、<MTEntries lastn="9999">とするなど、何らかの対応を取らなければいけなくなります(なお、limit属性を利用して全件表示させるのも考えられているらしいですが、正式サポートではなくあくまでもハック的位置付けになるかもとのこと。ユーザー間で広まっているlastn="0"みたいなものですかね)。

カテゴリーアーカイブはそのカテゴリ記事が全件表示されるとの前提でカスタマイズ行ってる人多いと思うから、アップグレード時にハマったり混乱したりしなければいいんですが。

プラグイン方面の変動*
ベータ仕様でまだまだ中身に変動があるせいか、ベータ4ではOKだったプラグインがベータ5では使えなくなったというケースが生じてます。私の方で確認できたのは、

MTArchiveDateHeader
最初にダウンロードしてずっと使っていたバージョン1の方がエラーで再構築不可に。別のところ?で作られたバージョン2だと動作しました(ダイナミック版はベータ5でも問題なく動いています)。

PerlScriptプラグイン
これも保存時に「そんなタグは存在しない」趣旨の構文エラーが出て、再構築不可に。archives.htmlの分割で一時使用していたものなのですが、これを使われている方は4.0でも動作するダイナミック対応のAutoIncrementalVarプラグインに切り替えられることをおすすめします。

BlogCopyright
もともと動きおかしかったけど、いよいよ駄目かしら(^^;。

どうも見た感じ、2.2x時代からあるような古いプラグインが苦しくなってきてるような感じ? 製品版までにはまだ変動がある可能性も大いにあるので、4.0に移行を考えておられる方は使っているプラグインの動作検証や情報は十分調べておいたほうがよさそうです。

<*追記>これはベータ5のバグだったようです(^-^;。ベータ6でまた動くようになりました。

 

トラックバックURL

トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

トラックバックの一覧

トラックバック CORESERVER & Movable Type 4  »» 2007年9月17日 12:27
と言う事でサーバ移転とMovable Type4へのアップグレードは完了しました...

コメント

>2.2x時代からあるような古いプラグインが苦しくなってきてるような感じ?

その件に関して、小粋空間さんが↓な記事を書いています。
http://www.koikikukan.com/archives/2007/07/08-022011.php

後半。
β5からは、MT->add_plugin($plugin);みたいにしてMTにプラグインを登録しないと使えないっぽいです。
このプラグインの登録は、記憶に間違いがなければMT3.2あたりから追加された機能で、プラグインの管理画面に作者とかドキュメントとかの情報を追加できる程度のものだったんですけれど、必須になるのはちょとめんどくさいかも。

情報ありがとうございます!
なるほど、3.2以前に作られたプラグインの場合、その記述がないためエラーになることがあるんですね。
PerlScriptもMTArchiveDateHeaderとエラーのパターンが同じだったので、自分に出来るのなら追加して試してみようと思います。

ダイナミック用も静的用も動くはずなのに思わぬところに落とし穴が…って感じですね(^^;。

コメントを投稿

 


 <注意>
 ご利用のブラウザ、設定ではコメントのプレビューおよび投稿はご利用になれません。
 コメント投稿の際はお手数ですがjavascriptをオンにして下さい。
 *javascriptオフのまま投稿ボタンを押すと送信内容が消えますのでご注意下さい。