top

仮面ライダー

080403.jpg

仮面ライダーもBSで専用日を設けて大きく特集されてましたね。ということで、仮面ライダーについてもちょっと。ただし。私にとっての仮面ライダーとは、あくまでも「石ノ森氏の直筆になる漫画版仮面ライダー」です。「へんし~ん」で大ブームになったテレビ版ではなくて。

ところがこれがAmazonで検索しても出てこない…。どの出版社のどういうシリーズでもいいから、1冊でもあれば…と思ったのに見つからない。もしかして…石ノ森版、絶版になってます!? しかたがないので、手持ちの単行本を参考資料として写真に撮ってみました。これは朝日ソノラマから出ていたサンコミックのシリーズです。

石ノ森漫画版では本郷猛は資産家のお坊ちゃまで、立花藤兵衛は本郷家に代々仕えてきた執事という設定になっています。物語は本郷猛の仮面ライダー誕生から一文字隼人に引き継ぎ、本郷猛が復活して仮面ライダーが2人になるところで終了しています。

石ノ森美学の傑作
私は石ノ森章太郎のファンなので、石ノ森氏関係の作品は基本的に全て原作派です。その中でも仮面ライダーは特にその傾向が強い作品ですね。なのでテレビの仮面ライダーはそんなに多くは見てないのです。

その代り、石ノ森漫画版仮面ライダーには心底しびれてました。それも石ノ森氏の流麗な筆運び、衝撃的で斬新なコマ割りとレイアウト、白と黒との美しい対比、台詞まわしのセンス、つまり漫画家としての腕にしびれていたわけです。その時代の石ノ森美学を代表する作品の1つだと思います。石ノ森美学が極められたその次期に、たまたま選ばれた素材が仮面ライダーだった、という感じですね。テレビ版とはまた別の世界なので、石ノ森ファンでまだ未読の方は是非…!と思います。

石ノ森章太郎 萬画大全集 第01期セット

でもこれ、現在手に入らないのなら、今は漫画大全集でしか入手できなくなっているのだろうか…と思って調べてみたら、漫画大全集ですら仮面ライダーの収録されている1期と2期の在庫状況が怪しい…!? 一応リンク張っておきますが、下手すると幻の名作になりかねないですね、これでは。欲しい人は中古で見かけたら即入手した方がいいかもです。

テレビ版仮面ライダー
そういうわけで、「へんし~ん」に熱中する男の子たちを横目に、テレビの仮面ライダーにはあまり興味のなかった私ですが、BS特集をきっかけにいろいろ見てみました。まだ仮面ライダーを見たことのなかった息子も一緒に。

【初代シリーズから続く仮面ライダー】
漫画ほどは気合いを入れてなかったとは言え、やっぱり記憶に残る仮面ライダーなので懐かしかったですね。息子に「仮面ライダーって低予算だったの?」と突っ込まれて吹く。

【仮面ライダーブラック】
ブラックでさえ、息子が生まれる前の作品だったことに気付いて驚愕する。

【平成仮面ライダーシリーズ】
クウガは面白かったです。この時代まで来ると特撮もドラマも大人が見ても遜色ないレベルになってきており、スーパーマンやスパイダーマンと同じような感覚で楽しめますね。息子にも高評価。

しかし、平成シリーズも進むと…。龍騎っていったい!?(汗) 全部見てない私には語りようがないですが、子どもたちに理解できる世界なのだろうか…?? この頃(午前2~3時)には息子は睡魔に勝てず寝入ってしまっていたので、子どもの感想は聞けませんでした。

テレビ版は私の好きな石ノ森作品とはまた別の世界ですが、石ノ森氏の世界がこういう形で広がっていくのを見るのもそれはそれで感慨がありますね。これからも続いていってほしいです。