top

リュウの道

石ノ森章太郎を語るなら、やっぱり氏の「代表作」を抜かすわけにはいかないでしょう、ということで「リュウの道」。

リュウの道 (1) リュウの道 (2) リュウの道 (3) リュウの道 (4) リュウの道 (5)

そうですっ、どんなに009や仮面ライダーが有名でも、漫画家・石ノ森章太郎の真の代表作は、
一大SF大作 「リュウの道」
なんですっっ(少なくとも私はそう思っていますっ)。なのにっ、BS特集でも触れてもらえなかった不遇の作品なのです、これが…(涙)。

080404.jpg

こちらはamazonでユーズドがいくつか見つかったのでリンク↑張っておきます。ちなみに私が持っているのは講談社から出た講談社コミックス版です(全8巻)。装丁などが違うので参考に写真付けておきます。→
竹書房から出ているのは全5巻で収録されているようなので、少し厚めなんでしょうかね。

物語の概要
地球に帰還した宇宙船フジ1号。だが、フジ1号のただ1人の生き残り、リュウの目に映った地球は変わり果てた姿になっていた…。宇宙港を覆う見渡す限りの原生林。襲ってくる恐ろしい姿の怪物たち。地球に何が起こったのか? 人間は1人も残っていないのか? 文明と人間を求めてリュウの長い旅が始まる…。

あふれるSFマインドの世界
これぞ本物のSF。宇宙的視野から描かれる物語は壮大なスケールで読む人の精神を飲み込んでいきます。
主人公リュウは最初はどこにでもいる普通の少年ですが(時には自分の思慮の浅はかさから失敗することもあるような)、冒険の旅を通して人類の未来を考えられる人間に成長していきます。リュウの旅はその1つ1つがワクワクする冒険譚になっていますが、話が進むにつれて冒険活劇はだんだん視野を広げていき、やがては人類の未来を問うスケールの大きな宇宙観・哲学論へと重なっていきます。
第二部後半では斬新で実験的なコマ割りが惜しげなくどんどん投入され、平面の紙の中に時間と空間を超える壮大な超時空世界を生み出しています。全編にみなぎるSFマインド、SFセンス、スペース感覚、石ノ森氏の「天才」の部分を余すところなく味わえる作品と言ってよいかと思います。

ふりかえれば。まだずっと小さい頃、歯医者のロビーで眺めていた雑誌で見かけたのが、多分この作品との最初の出会いだったと思います。石ノ森氏のことを知るのはそれから後のことですが、どうしても記憶に残っていたこの作品を読みたくて、探して探して、どこにも売ってなかったので(そうなんです、私が子どもの当時ですらこの有様…)、本屋で注文してやっと取り寄せてもらいました。それが今持っている写真の単行本です。
当時の若い心に与えてくれた影響は大きかったですね。物語だけでなく、漫画の技法面でのショックも大きかったです。漫画でこれだけの表現が出来るのか!と。漫画描きの先生・教科書としても大きな存在になってくれていました。それだけに思い出も深い作品です。

リュウ三部作
実は「リュウの道」は同じ名前の少年がいろいろな時代で活躍する連作の1つで、これは未来編に当たります。現代編が「番長惑星」で、太古編が「原始少年リュウ」になります。ただ、手塚治虫の「火の鳥」のように話がつながっているわけではなくて、1つ1つは独立した別の話になっていますが。「番長惑星」と「原始少年リュウ」は実家にいた頃、部屋の整理のために処分してしまい、手元に残していないのが今になって悔やまれます。

知られざる名作
なんでこの作品があまり知られていないようなのか? アニメ化されなかったから? アニメにしようがない作品ではありますが…。映画でも無理だろうな…。後半はかなり観念的だし、漫画だからこそ出せたスケール感、て部分もありますからね。リュウ三部作の中では「原始少年リュウ」だけがアニメ化されてますが、未来編とは全然違うお話ですし。

有名になった作品だけでなく、漫画家石ノ森章太郎の隠れた代表作を、もっと多くの人に知ってもらえたら嬉しいな…と思います。