top

クローバーフィールド/HAKAISHA(ネタばれ)

クローバーフィールド/HAKAISHA スペシャル・コレクターズ・エディション

「クローバーフィールド」見てきました。公式サイト
以下、ネタばれありですので、未見の方はご注意下さい。

私は事前に何も予備知識を持たずに見に行きました。息子が見たがっていたので連れていったのと、怪獣映画らしい?ということだけ。
そしたらなんか注意書きがあるんですね。通常とは違う手法で撮っているので体調の悪い人はご注意下さい、みたいな。チケット買う時もけっこうしつこく確認されたような。??ながらも気にせず見始めたら、そーゆーことだったのかと納得。

なんと全編これハンドビデオで映されてるんですね。しかも撮ってる人が初心者という設定だから、ぶれる、ぶれる、揺れる、揺れる、画面がぐるんぐるん。一時も停止しないで落ち着かなく前後左右に振れ回っているので、何が映ってんだかよー分からん(^^;。

ちょっと突っ込ませていただくと、いくら初心者でも下手すぎですぞー、ハッドくん。これ、友だち(ロブ)の送別会の記録用でしょ? 後でこのビデオを見る(本来ならそうなってたはずですよね?)ロブくんの気分の方が心配になってくるじゃないですか(笑)。
とはいえ、私も息子もブレ&揺れ画像には平気な体質だったようで、気がついたらすっかり慣れてまして、物語の中に入ってましたが。

冒頭のパーティシーンがちょっと長いですが、ここを抜けると、素人撮影ならではの下手さ加減が逆に臨場感を出してくれて、エイリアン以来の恐怖感がありました。ともかく徹底してこの惨事に遭遇した人の視点からしか話が見えないので、観客も登場人物と一緒になって何が起こってるのかよく分からないまま事態の進行を見ていくしかない。これは怖いです。「状況がよく分からない」のって一番の恐怖ではないかと思いました。「市民の視点」から描く、という点では「宇宙戦争」もそうでしたが、こっちの方がずっと身に迫って怖かったです。
話としては謎の怪獣がニューヨークを暴れ回っているだけなんですが、見せ方のアイデアの勝利ってとこでしょうか。ドラマの盛り込みも上手く出来てたと思います。

映画本編は回収されたビデオテープがただ回ってるだけなので、捕捉用にパンフレットを買うことをおすすめします。映画だけでは分からなかったことがいろいろ載ってますので。日本人(それも怪獣映画ファン)には特に♪ エンディングテーマでゴジラを連想したのはやっぱり気のせいではなかったようです。