top

崖の上のポニョ

崖の上のポニョ サウンドトラック

なんとっ、昨日は1日に2つも映画を見てしまいましたっ。いろいろあったので(行楽予定日に子どもが熱を出してパーになったりとか)、その埋め合わせも兼ねて。

まずは「崖の上のポニョ」から。以下、ネタばれありかもです。

やっぱり宮崎駿は「動き」の人ですね。背景とかは色鉛筆の童話みたいな感じでしたが、アニメとしての動きにはこだわっているな、と。まさに「動く絵本」そのものて感じでした。

予備知識も先入観も何も持たず見に行ってしまいましたが、一言で言うと、「ハッピーエンドになる人魚姫」だったんですね(^^;。お話はそれほど起伏なくたんたんと進んでいく感じ。ストレートにハッピーエンドに向かうのでひねりも難しいところも特にないです。でもあの設定なら、ポニョは「魚の子」というよりは「海の精と人間の子ども」ってことにならないかな??

最初、登場人物の関係がよく分からなくて、リサと宗助を姉弟かと思っていました。母子だったんですね。なんで宗助は「お母さん」じゃなくて「リサ」って呼んでるんだろう。分からないじゃないですかー。
謎の魔法使いの男(最初はそう見えた、後にフジモトという名前だと判明)とポニョの関係もよく分からなかったので、なぜ彼はポニョを追っているんだろうと思いました。実の父子だったんですね。そりゃ娘が家出したんなら父親が探しに来て当たり前か…。後でパンフレットを見たらフジモトには過去かなりのロマンがあったことが判明。それであの方が奥さんになられた、ということなんですね。宗助とポニョより、むしろそっちの方が気になってたり(笑)。

ポニョはかわいかったです。宗助もかわいかったです。ほのぼのしてたです。
ただ。洪水と水没に関しては、宗助の住む世界を完全におとぎの国として現実と切り離して見られるかどうかで感じ方が分かれるかなと思いました(私は完全に切り離しきれてなかったので、ちょっと微妙であった…)。