top

吟遊詩人ビードルの物語

吟遊詩人ビードルの物語 (日本語版)

ハリー・ポッターシリーズの派生本です。子どもに買わされたので読んでみました。

ハリー・ポッターの世界で魔法界の子どもたちが読み聞かされているおとぎ話をまとめた本、という設定だそうです。シンデレラや眠り姫とかのハリポタ版て感じですかね。「吟遊詩人ビードル」を「グリム兄弟」とかに置き換えて考えてみると何となく分かるような。

基本は本編に題名が出てきたおとぎ話をどういう内容なのか紹介するもの。5つのお話が入っていて、いちいちダンブルドアの注釈付き。というか、ハリポタの世界を補足説明するための注釈の方が実は本命なのかも。

ということで、これはハリポタの世界にどっぷりハマった人が更にその世界に浸って楽しむための本ですかね。紹介されている5つのお話を楽しむというよりは、「そうか、あの時会話に出ていたお話の中身がこれだったのか。それで分かったぞ~」と自己納得するための本、みたいな。逆に言うとハリポタ全巻読んでハマりまくってる人でないと注釈の意味分からないです。濃いハリポタファン向き。

なお、この本の収益は慈善団体に寄付されるそうです。寄付のつもりでコレクションするという手も。