top

オバケのQ太郎

オバケのQ太郎 1 (藤子・F・不二雄大全集)

長らく絶版になっていた「オバケのQ太郎」が藤子・F・不二雄大全集の中で再販されました。夫が大喜びで買ってきたので、私も一緒に楽しみました。

ところで。子ども時代はあちこちで見かけてよく知っていたはずなのに、オバQを漫画でまともに読んだことって…意外にもほとんどなかったような気がします。私が覚えているのは学年誌に載っていた分かなあ? 大分後になって描かれたもののような気が…。それを時々チラッチラッと見たりしてたのが記憶に残っているような。

今回出た1巻では初期の連載1回目から順に載っているので、私の記憶にあった話はありませんでしたが、その代りこれはこれで新鮮で面白かったです。
で、これ、合作なんですよね。藤子両氏だけでなく、当時のスタジオ・ゼロのメンバーも執筆してて。開いてみたら、なんと、絵がかなりの部分で石森ワールド。石森章太郎氏の絵は癖があるので、一目で分かります。線がきれいで流麗なんですよね。石森ファンとしては思わぬところで氏の線も楽しめてちょっと得した気分。

1巻ではQ太郎の絵がまだこなれていませんが、連載が続くうちにだんだん「私の記憶にあるQちゃん」になっていくんでしょうね。多分夫が2巻以降も続けて買ってくると思うので、今から楽しみです。