top

LaCoocanでMovable Typeを試してみる

こちらでぶつくさ言っていた@niftyのLaCoocanですが、実は2月になると同時にお試し申し込みしていました。

というのも、息子のサイトが1月の時点で既にニフティの容量限界の20MBを突破しかけていたことに気付きまして。このまま続けるなら早急にスペース拡張する必要があったのですが、@ホームページは10MB追加ごとに400円も取られる…。同じ400円払うなら、2GのLaCoocanの方がまだまし、ということで試してみることにしたのです。2Gもあれば自分のサイトのミラースペースにも出来るかも…という下心もあって(^^;。

で、早速試運転…といきたかったのですが、ブログリニュのこともあって忙しく、昨日やっと少し時間ができたのでMTを動作検証目的で入れてみました。

設置自体はするっと完了。が、ブログが出来た後、一番かんじんなところで大問題発生!

ダイナミック・パブリッシングを使う設定にすると何故かmt.cgiにアクセス出来なくなります(困)。

それが500エラーでなくて、403エラーってところも謎。MTが自動生成した.htaccessを削除したところ、普通にアクセス出来るようになったので、.htaccessの記述に何か問題あるらしい。.htaccessが呼びに行ってるのはmtview.php。mtview.phpが呼びに行ってるのがmt-config.cgiなので、ここはやっぱりmt-config.cgiのパーミッションかと、604~777まで試してみたけど全部403エラー。う~ん、これは困った…。

もしやLaCoocanではmod_rewrite(ダイナミック・パブリッシングに必要)が使えないのだろうか? niftyに問い合わせるのももどかしかったので、調べる方法がないかとググりまくりました。そしたら、ありました、がとらぼさんのところにサーバーでmod_rewriteが有効かどうか調べる方法が。

まず、以下の記述の.htaccessファイルを作ります。

RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteRule ^.*$ http://hogehoge.com/ [L]

赤字のところに飛ばしたい先のアドレスを入れて、ルート直下に置きます。そこでサーバーにアクセスし、無事http://hogehoge.com/に飛べばmod_rewriteは有効です。早速やってみたところ・・・

飛びません(泣)

何事もなかったかのようにLaCoocanのスペースがしゃあしゃあと表示されます。私の記述のしかたが間違っているのかもしれない!と一縷の望みをかけて同じものをXREAに置いてみたらば…。

みごとにカッ飛んでくれました

さすがだな、飛ぶぜッ、XREA!! …駄目じゃん、LaCoocan…(涙)。

ということで、LaCoocanではmod_rewriteが使えないのでMTのダイナミック・パブリッシングは使えないことが分かりました…。orz
てなわけでLaCoocanミラースペース計画はあえなく頓挫。でも息子のサイトのこともあるし、MTのダイナミック化にこだわらなければ2Gのスペースは重宝するので、予備スペースとして保持しておくことにします。

願わくば。
LaCoocanよ、いつかはお前も翼を持ってくれたまえ。。。

 

トラックバックURL

トラックバックされる際にはこの記事へのリンクをお願い致します

コメントを投稿

 


 <注意>
 ご利用のブラウザ、設定ではコメントのプレビューおよび投稿はご利用になれません。
 コメント投稿の際はお手数ですがjavascriptをオンにして下さい。
 *javascriptオフのまま投稿ボタンを押すと送信内容が消えますのでご注意下さい。